個人事業主のための損害賠償基礎知識

個人事業主がとるべき損害賠償トラブルの予防策とは

Category

Feature

予防策はしっかりと

予防策はしっかりと

個人事業主にとって訴訟トラブルは、訴える側、訴えられる側、どちらの立場であっても大きな打撃となることは間違いありません。訴訟トラブルが原因で廃業に追い込まれる可能性は十分に考えられます。そのようなことにならないためにもしっかりと予防対策をしておきましょう。損害賠償トラブルの回避策の基本となるのが契約書です。そして、万が一のときに備えて、各種保険の加入も検討しておきましょう。トラブルが起きてから慌てても、「後悔先に立たず」です。

損害賠償を未然に防ぐ方法

損害賠償を未然に防ぐ方法契約書には、当事者の合意内容を記載するのであり、それが法律の規定に基づかない独自のものであれば、特約事項として重要になります。契約書を確認する際には、不利な条項が記載されていないか注意しましょう。もっとも専門家に相談することも大切です。契約書の作成であれば、「日本リーディング法律事務所」はITに精通しています。また契約の交渉などは、「レバテックフリーランス」や「クリエイティブワールド」などのエージェントに任せると良いでしょう。

IT業務賠償責任保険も活用しよう

IT業務賠償責任保険も活用しようIT業務賠償責任保険は、IT業務に携わる者として、万一に備えたものですが、万一のトラブルの引き起こす損害が極めて高額に上る危険が高いため、加入しておくと安心です。様々な商品の多くは損害保険会社の提供によるものであり、また企業コンサルティング会社が代理店の場合が多いようです。被保険者や補償内容は、個々の契約により要件が異なります。また個人情報漏洩に関する賠償責任保険もあり、これは通常の業務賠償保険のオプション加入によるものや、単体での加入が可能なものもあります。

法務担当者も納得の記事

訴訟を起こされた時の対処法

訴訟を起こされた時の対処法

損害賠償で訴えられた場合にも、慌てて対処を間違えると、何ら落ち度がないのに高額の賠償を支払わなければならなくなる危険があり、注意が必要です。まず訴状が届いたら、原告の請求を認めない旨を記載した答弁書を提出します。こうしておけば、第一回目の期日に欠席しても、不利にはなりません。そして原告の主張と立証を基に、戦略を立てます。仮にその事件と関連して逆に請求できるものがあれば、反訴を提起することも可能です。more

IT業務賠償責任保険も活用しよう

IT業務賠償責任保険も活用しよう

今や個人情報の漏洩など、IT分野に携わる者にとって、様々なトラブルに巻き込まれる危険は高まっています。自らの過失によって莫大な損害を引き起こした場合の備えとして、IT業務損害賠償責任保険に加入しておきましょう。商品は損害保険会社が提供していても、代理店は企業コンサルティング会社という場合が多いようです。被保険者や補償の範囲は、契約する保険によって異なります。また個人情報漏洩に備えた賠償責任保険は、オプション加入の他、単体での加入もあります。more

セキュリティ対策は開発会社の責任

セキュリティ対策は開発会社の責任

システム開発において、クライアントの要望に唯々諾々と沿うだけで満足していては、思わぬ損害の賠償を請求されることになりかねない、という判例が出ています。この事案では、契約内容にもなく、注文者からの指示もなかったにもかかわらず、当時文書などで注意を喚起されていたセキュリティ対策を講じなかった点において、システム開発業者の債務不履行責任を認定し、また損害賠償責任制限の判断においても重過失と認め、賠償を命じられました。more

ページトップナビ