個人事業主のための損害賠償基礎知識

IT訴訟事例に学ぶ損害賠償「他社ソースコード使用」について

Category

Feature

他社ソースコード使用は不正競争防止法には非該当

他社ソースコード使用は不正競争防止法には非該当 大阪地裁25.7.16は、ソースコードを抽象化・一般化した情報の使用は、不正競争防止法2条1項7号にいう「使用」には該当しないと判断した判例です。

事案

本件は、原告のソフトウェア開発会社が、元従業員ら及びその元従業員らを新たに雇用した会社を被告(被告ら)とし、被告らの開発・販売しているソフトウェアは、原告の営業秘密である本件ソースコードを使用したものであるとして、被告らに対し、被告らのソフトウェア製造等の差止め及び廃棄等を求めると共に、損害賠償を求めて提訴しました。
なお原告と被告が、それぞれのソフトウェアの開発環境や実行環境、開発言語として使用したものは異なります。

判旨

まずソフトウェアの非公知性について、特殊な機能ないし特徴的な処理があるのでない限り現実のコードそのものに限られるのであり、この場合に当該コードに表現されるロジックを独自に解釈し、参照したソースコードの記述そのものとは異なる抽象化、一般化された情報を使用することは、不正競争防止法2条1項7号にいう「使用」には該当しないと認められました。
原被告双方のソフトウェアは、いずれも製造業・販売業等における管理業務を処理するためのシステムであり、機能や仕様が共通するものである以上、実装も一般的な形態は当業者において周知のものも多く、似通うのも致し方ないところであり、原告自身も、原告ソフトウェアに他社製品にはない独自の機能や利点があるとの主張立証を、特にしているわけではありません。
また原告が主張する本件ソースコードが秘密管理性を有するとしても、その非公知性が認められて、営業秘密として保護されるのは、現実のコードそのものに限られるというべきなのです。さらに原告は、被告が本件ソースコードそのものを「使用」したのではなく、そこに表現される、データベース上の情報の選択や、処理や、出力の各手順といったロジックを、被告らが自ら解釈し、被告らのソフトウェア開発にあたって参照したことを指して、「使用」に当たると主張しています。
そしてこのような使用行為を可能にさせたのは、元従業員である被告が「ロジック」を開示したからであると主張しましたが、本件において営業秘密として保護されるものが本件ソースコードそれ自体であることから、原告が主張する使用とは、ソースコードの記述そのものとは異なる抽象化、一般化された情報の使用にすぎないのであり、不正競争防止法2条1項7号にいう「使用」には当たらないとしました。

考え方

ソフトウェアの開発には、多様な人材の多様な技術や知識が投入されているのであり、排他的に固有の価値を持つものとして、法律上一定の保護を求める場合、一般化・抽象化されてしまうと認められ難くなります。もっとも程度問題であるため、具体的事案ごとに慎重な判断が求められます。

法務担当者も納得の記事

訴訟を起こされた時の対処法

訴訟を起こされた時の対処法

損害賠償で訴えられた場合にも、慌てて対処を間違えると、何ら落ち度がないのに高額の賠償を支払わなければならなくなる危険があり、注意が必要です。まず訴状が届いたら、原告の請求を認めない旨を記載した答弁書を提出します。こうしておけば、第一回目の期日に欠席しても、不利にはなりません。そして原告の主張と立証を基に、戦略を立てます。仮にその事件と関連して逆に請求できるものがあれば、反訴を提起することも可能です。more

IT業務賠償責任保険も活用しよう

IT業務賠償責任保険も活用しよう

今や個人情報の漏洩など、IT分野に携わる者にとって、様々なトラブルに巻き込まれる危険は高まっています。自らの過失によって莫大な損害を引き起こした場合の備えとして、IT業務損害賠償責任保険に加入しておきましょう。商品は損害保険会社が提供していても、代理店は企業コンサルティング会社という場合が多いようです。被保険者や補償の範囲は、契約する保険によって異なります。また個人情報漏洩に備えた賠償責任保険は、オプション加入の他、単体での加入もあります。more

セキュリティ対策は開発会社の責任

セキュリティ対策は開発会社の責任

システム開発において、クライアントの要望に唯々諾々と沿うだけで満足していては、思わぬ損害の賠償を請求されることになりかねない、という判例が出ています。この事案では、契約内容にもなく、注文者からの指示もなかったにもかかわらず、当時文書などで注意を喚起されていたセキュリティ対策を講じなかった点において、システム開発業者の債務不履行責任を認定し、また損害賠償責任制限の判断においても重過失と認め、賠償を命じられました。more

ページトップナビ