個人事業主のための損害賠償基礎知識

個人事業主が損害賠償トラブルを未然に防ぐ予防策

Category

Feature

損害賠償を未然に防ぐ方法

損害賠償を未然に防ぐ方法 契約書など見慣れないと、何を確認してよいのか分からないものですが、基本的には相手方との間における権利や義務を定めるものであり、疑問に感じる点は確認することが重要です。

契約書の見方

まず契約書に記載するのは、当事者間における合意内容です。法律上に規定があっても、一般的に盛り込まれている権利義務もありますが、その他に特約事項など、特に取り決めておく必要のある事項が定められます。中でも「競業禁止規定」は、業務提携をする場合の契約などでは要注意です。
例えば、「本契約の存続期間及びその満了後1年が経過するまでの間」、取引の相手方の「事前の書面による承諾を得ることなく」「自ら又は第三者をして」、「本契約に基づく」業務提携などと「競合する事業」を行ってはならない、などといった約束を、相手方に対してする内容であり、ビジネスに大幅な制約を課せられる条項なのです。条項の削除を求めたいところですが、交渉が難航するようであれば、せめて「競業する事業」に当たる具体的な事業を列挙し、制限の範囲を極力限定しておきます。
また「任意解除規定」にも注意が必要です。契約は当事者の合意で成立しますが、その契約の解除に関する合意を定めることもできます。そして「任意解除規定」とは、契約期間中にお互いが相手方に対して、例えば「1ヶ月前までに書面による通知」をすれば、自由にその契約を解除できると定めるような条項です。たとえ自分にとって都合の悪い時期であっても解除されてしまうことになり、削除を求める方が良いでしょう。

「日本リーディング法律事務所」

さて不慣れな契約書を自分で一から作成するよりも、専門家に任せる方が良い場合もあります。

「日本リーディング法律事務所」であれば、IT分野に精通した弁護士に、契約書等法律書類の作成を依頼することができます。
興味がある方はこちらから公式サイトへ移動

将来の紛争リスクを排除し、不利な契約条件を回避して、有利に取引を進めることができるようサポートします。

「レバテックフリーランス」

また個人事業主として事業を展開する場合、時には駆け引きや交渉が必要ですが、立場の弱さもあって中々自己主張できないのが現状です。しかし、「レバテックフリーランス」を活用することで道が開けるかもしれません。

「レバテックフリーランス」は、カウンセリングのプロに要望をしっかりと伝えれば、案件探しから様々な業務にまつわる悩みまで、きめ細やかなサポートを受けられます。
興味がある方はこちらから公式サイトへ移動

「クリエイティブワールド」

デザイナーなどクリエイティブな仕事には、「クリエイティブワールド」の提供する様々なサービスがおすすめです。

「クリエイティブワールド」を活用し、クライアントとのマッチングはもちろん、ポートフォリオを送ってスカウトを狙うなどといった手法もあります。
興味がある方はこちらから公式サイトへ移動

まとめ

個人事業主にとって、契約書は非常に大事なものです。決して軽視することなく自信のないところは専門家に相談するなどして万全を期することが大切です。

法務担当者も納得の記事

訴訟を起こされた時の対処法

訴訟を起こされた時の対処法

損害賠償で訴えられた場合にも、慌てて対処を間違えると、何ら落ち度がないのに高額の賠償を支払わなければならなくなる危険があり、注意が必要です。まず訴状が届いたら、原告の請求を認めない旨を記載した答弁書を提出します。こうしておけば、第一回目の期日に欠席しても、不利にはなりません。そして原告の主張と立証を基に、戦略を立てます。仮にその事件と関連して逆に請求できるものがあれば、反訴を提起することも可能です。more

IT業務賠償責任保険も活用しよう

IT業務賠償責任保険も活用しよう

今や個人情報の漏洩など、IT分野に携わる者にとって、様々なトラブルに巻き込まれる危険は高まっています。自らの過失によって莫大な損害を引き起こした場合の備えとして、IT業務損害賠償責任保険に加入しておきましょう。商品は損害保険会社が提供していても、代理店は企業コンサルティング会社という場合が多いようです。被保険者や補償の範囲は、契約する保険によって異なります。また個人情報漏洩に備えた賠償責任保険は、オプション加入の他、単体での加入もあります。more

セキュリティ対策は開発会社の責任

セキュリティ対策は開発会社の責任

システム開発において、クライアントの要望に唯々諾々と沿うだけで満足していては、思わぬ損害の賠償を請求されることになりかねない、という判例が出ています。この事案では、契約内容にもなく、注文者からの指示もなかったにもかかわらず、当時文書などで注意を喚起されていたセキュリティ対策を講じなかった点において、システム開発業者の債務不履行責任を認定し、また損害賠償責任制限の判断においても重過失と認め、賠償を命じられました。more

ページトップナビ